高品質な風俗・アダルトサイト エロモード

高品質な風俗・アダルトサイト エロモードでは勃起が止まらないエッチな記事を更新中。

大学生の妹にたっぷり中出し近親相姦セックス

欲求不満だった35歳の兄の為に妹が極上のご奉仕をしてくれる近親相姦体験談

私は35歳で都内に住んでいる独身の会社員です。
私には21歳の妹がおり、かなり美人で地元ではかなり有名でした。
そんな歳の離れた妹は大学に通っていて
私が住んでいるアパートが妹が通っている大学から近いこともあって
一年半目から同居していました。
そんなある日、仕事が休みで妹は学校。
家に誰もいないことを確認して
最近、あまり抜いてなかったのでベッドの上でオナニーをしていました。
しかし、そんな時に限ってい妹が帰ってきていきなり部屋に入ってきた!
私はこの時、下半身裸でかなり気まずい雰囲気が流れた。
「ごめん!服着るからドア閉めて!」と妹に話しかけると
「お兄ちゃん…溜まっているの?」と可愛らしい表情で私の目を見つめてくるではありませんか。
彼氏がいた事を知っていたので処女ではないことは確信していたが
妹から、そんな卑猥な言葉がでるなんて思っていませんでしたので
「まぁ俺も男だしな!」というと「私でよければしようか?」と言ってきた。
「何言ってるんだよ!」と言いながらも少しだけ期待していた俺。
しかし、感情を抑えきれなくなっていた妹が「私ね、お兄ちゃんに尽くしたいの!」と言ってきた。この言葉に完全に体を許してしまった二人は全裸になって
ギンギンに勃起しているペニスを咥え始めました。
近親相姦という事もあって
すぐに射精しそうになった私は「イク…イっちゃいそう…」
「まだイカないで…」
「ごめん…イク…」
そんなやりとりをしながら我慢できず
妹の口の中に射精しました。
「いっぱい出たね…美味しいよ…」
久しぶりに抜かれたときの気分は最高でした。
この時の私は賢者タイムなどなく
「早くもう一回したい!」と思っており
すぐに妹に挿入してしまった。
久しぶりのセックス興奮して
まだ若い妹の中にたっぷり射精させ
膣の中から溢れている精子に魅了され
この日を境に頻繁にセックスをする様になり
妹はピルを飲み、常に中出しセックスを求めてきました。